うるさく言ってしまって振られた元カノとよりを戻すには?その2

前回でお伝えした通り、
うるさく言ってしまったことが原因で
別れてしまったら、

よりを戻すには、まずは”うるさく言ってしまう”ということを
改善していくべきでしょう。(これが別れの原因なのですから)

これを改善するには、

“そもそもなぜ、彼女に対して、口うるさく言ってしまうのか?”

その根本原因について考える必要があります。

とは言っても、相手のことを想うがゆえに、
つい、口をすっぱくして苦言を言ってしまった。
なんてこともあるかもしれません。

そんな時、言われる側が、

「あっ。この人は、こちらのことを思って言ってくれているんだな」

と愛のムチだと感じられれば、さして問題にはならないはずですよね。

しかし、建前上は、
「相手のことを想って言っているんだ」
ということになっていたとしても、

言葉の中に、自分のエゴなど、
“愛以外のもの”が含まれてしまっていると、
彼女に不快感を与えたりしてしまい、問題が生じかねません。

言葉の中のエゴとは、例えば、

・彼女のことを自分が思うようにコントロールしたいから、しつこく注意してしまう

とか、

・実は、上から怒鳴りつけることによって、優越感を得ている

とか、そういったことです。

もし、彼女に対して、ウルサク言ってしまったことが
原因で別れることになってしまったのだとしたら、

そういったエゴがなかったのかどうか、
深く考えてみる必要があると思います。

そのエゴの原因となっているものは、心の奥深く、
潜在意識的な部分にあったりしますので、

自分の心の奥深くを、ゆっくりじっくりと
時間をかけて見つめてみてください。

それと、こんなのもやってますので、よければご登録ください。
これだけで復縁できたという人もいるほどのノウハウを放出しております。

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ