あけおめメールは送った方がいいのか?

akeome_mail_fukuen

今年も、あとわずかとなってきました。

そこで、前回の続きの記事を書こうかと思ったのですが、
今年もあとわずかですので、このタイミングに書くべき記事をお届けしたいと思います。

年が明けた時に、「あけおめメール」を送ったりする方は多いと思いますので、
今回は、この「あけおめメール」について書きたいと思います。

と言っても、今年は、メールではなく、LINEという人も増えそうですね。

LINEの場合は、「あけおめメール」というより、「あけおめメッセージ」ということになると思いますが、
ここでは、そういうのもひっくるめて、まとめて「あけおめメール」ということにしておきます。


スポンサーリンク

あけおめメールは送った方がいいのか?

あけおめメールは、絶対に送ったほうがいいのかというと、
これは、人によります。

ですので、誰でも送れば間違いない、というものではありません。

送れば好印象を残せるかといえば、必ずしもそうではありませんし、
送らなかったからと言って、必ずしも印象が悪くなるというものでもありません。

もちろん、すでに普通に元カノと連絡ができるような関係にあるという方は、
普通にあけおめメールを送ればいいと思います。

しかし、別れてからそれほど経っていなくて、彼女への未練がタラタラで、
彼女へもそれが分かってしまっているような状況の場合は、
無理にあけおめメールを送る必要はないと思います。

というのも、連絡を取らないとか、距離を置くという事は、

・「喪失感を高める」とか、

・「良くない印象を消してもらう」

いった事にも繋がるからです。

要するに、例え、あけおめメールであっても、
連絡を取るということは、冷却期間に関係してくるわけです。

逆に、だいぶ冷却期間は経っているんだけど、

「どのタイミングで連絡したらいいのか分からない」とか、

「連絡をするきっかけに困っている」

などといった場合は、あけおめメールをキッカケにしてみるのもいいと思います。

あけおめメールを送る時のポイント

あけおめメールを送る時のポイントですが、
彼女が、あなたのあけおめメールを読んだ時に、

「これは、よりを戻そうと狙っているのかな?」

といったことを、思われないような内容にすることが重要だと思います。

ですから、いきなり自己アピールしたりとか、
そういった事はしない方が無難だと思います。

自然な内容で、あけおめメール送るためには

自然な内容で、あけおめメール送るためには、
まず、普通に友人に送ってみる。

その後で、彼女に送るメッセージを下書きしてみて、

・「友人の送った内容」と、

・「彼女に送る予定のメッセージの下書き」

この2つを、比較してみて、どの程度内容に
違いがあるのか、見てみるのがいいと思います。

そうやって比較してみれば、

「友達にはこの内容なのに、彼女には、こんな内容を送ろうとしているのか」

といった風に、自分が送ろうとしているメッセージについて、
客観的に見やすくなるでしょう。

今後、協力してくれそうな人に送っておくのも

また、彼女へはあけおめメールを送らない場合でも、
今後、協力してくれそうな人に、あけおめメールを送っておいて
コミュニケーションをとっておくのも、有益だと思います。

それでは、今年も残りわずかになりましたが、
来年が、皆様にとって素晴らしい年になりますよう祈願しつつ、
2013年最後の更新とさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ