復縁するためにどんな内容のメールを書けばいいのか?

donna_mail_kakeba

現状、元カノと会うことが難しいような状況なので、
メールとかLINEなどのソーシャルアプリ、
つまり「文章でのやりとり」に頼るしかない状況の方もいらっしゃると思います。

その際、

・返信がもらえるか?

・いい感じにやりとりが続けられる?

などといったことが重要になってきますよね。


スポンサーリンク

メールも、LINEも、会話も、すべて人と人とのやりとり

「文章でのやりとり」でも、「面と向かって会話する」のでも、

“人と人とのやりとり”

という点では同じことです。

ですが、もちろん、文章と会話が同じ条件などと言うつもりはありません。

文章が得意な人もいれば、苦手意識がある人もいるでしょう。

文章では、微妙なニュアンスは伝えづらいですし、
こっちの表情なども伝わりません。

逆に、会話だと画像だとかスタンプだとか、
小道具的なものを使うことは出来ません。

ですので、文章も会話も、「同じようなものだ!」などと言うつもりはありません。

相手の好感を得るための基本原則をおさえるべし

しかし、同じようなものだとまでは言いませんが、
相手に喜ばれる文章も会話も、押さえるべき基本原則は同じであるはずです。

というのは、『人間を相手にする』という点で、どちらも同じだからです。

・どういうことを言われたら嬉しいのか?

・どういうことを言うと、彼女から良い反応が返ってくるのか?

その根本にある、
相手から好感を得るための基本原則なるものを押さえてしまえば、

文章でのやりとりでも、会話するのでも、
相手の好感を得るのがやりやすくなるはずです。

ただ、相手の好感を得るための基本原則が何なのかは、ここには、あえて書きません。

というのは、こと復縁に関しては、好感を得るための発言も、
気をつけないと「ごますり」と思われてしまう危険性もあるからです。

ですから、安易にサラッとここに書くのも、どうかと思うわけです。

ヒントとしては、どんなことを言えば好感が得られるのかは、

過去に、あなたが言われて嬉しかったことを思い出して、
それがなぜ嬉しかったのか考えてみれば、見えてくるのではないでしょうか。

また、誰かと会話をする時に、話していて楽しい人がいる一方で、
逆に、なるべく会話をしたくないような人もいます。

「この人とは、なるべく会話をしたくないんだよな~」
と感じてしまうような人は、好感を得るための基本原則の
全く逆のことをやっているものです。

PS.

いやまあ、この記事、読んでくれている人からすると、
ぶっちゃけ、ちょっと物足りないと思うんですよ(^o^;)

ちょっとどうするか考えますので、ちょっとお待ちをー・・・。

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ