別れた原因をしっかり把握しよう!そうすれば、復縁しやすくなるのだから

wakareta_genini_taisaku

復縁を目指してらっしゃる方の中には、

・別れの原因が何なのか把握すること

・別れの原因を解消すること

これらがいかに重要であるか、気づいてない方もいらっしゃる、
というのがわたしの率直な印象です。

やはり、なるべく早く復縁したいと考えるのが自然でしょうから、
そうなると、

「彼女側へどうやってアプローチするのか?」

ということに意識が行きやすくなってしまい、
別れの原因について、いちいち考える余裕が出てこないのかもしれません。

しかし、別れの原因が何なのか把握し、別れの原因を解消することは、
復縁を成功させるためには、非常に重要なことですので、
そのことについてちょっと書いておきます。

例えば、こんなケースを考えてみましょう。

~~~

~~~

これは、分かりやすくするために単純にしてますけど、
この場合どうでしょう?

Sさんが彼女とよりを戻すには、
痩せなければ、難しいことが分かりますよね?

痩せる・・・つまり、原因の解消が必要ということです。

彼女が別れたいと思った原因があるならば、
その原因を取り除かなければ、
人によっては、よりを戻すのは難しいでしょう。

逆に言えば、原因さえ解消できてしまえば、
あっさり復縁できてしまうことも、人によっては十分にあり得る、ということです。

ですので、

別れの原因を把握、または推測する
 ↓
別れの原因を解消する
 ↓
別れの原因が解消されたことが、彼女に伝わるようにする(自分で通知する or 分るように仕掛けをする or 第三者の利用 など)

というステップを踏む必要があります。

(※中には、どうしても解消できない原因もあるでしょう。
その場合は、出来る限りの対策をします。)


スポンサーリンク

別れの原因、本当に把握できていますか?

もしあなたが、振られた側であった場合、
別れた原因をできるだけ把握・推測できるように
じっくりと考えてみたでしょうか?

なぜこんなことを言うのかというと、
別れた原因を自分では分かっているつもりでも、
実は、よく分かっていなかったり、違っている可能性もあるからです。

以下の設問について考えてみてください。

設問1:別れの原因が、抽象的すぎませんか?

例えば、

「別れの原因=自分が悪かったので、振られた。」

というのでは、抽象的すぎます。

抽象的すぎると、いざ別れの原因を解消しようとした時に、
何をすればいいのか分からなくなってしまいます。

別れの原因は、できるだけ具体的にあぶり出して、
それを解消するための行動をとるべきです。

設問2:彼女側が、本当の別れを理由を隠している可能性はありませんか?

これは人によりますが、別れる時に、
本当の別れる理由を隠して、ウソの別れる理由を言う人もいます。

例えば、ある女性が、

「もっと高収入の男性と結婚したいから、今の彼氏とは別れようかな~」

と思っていたとしても、そんなこと言うと
あまりにも印象が悪いので、それは隠しておいて

「ケンカが多いし、気が合わないので別れましょ」

などと、ウソの理由を言って、別れるわけです。

(※わかりやすくするために、極端な例を出しています)

もちろん、この例ようなヒドイ理由を隠しているのではなく、
本当の理由を言うと、相手を傷つけてしまうからこそ、
あえて本当の別れを隠している場合もあります。

いずれにしても、別れの理由が、言いづらい内容である場合、
彼女側が、本当の別れを理由を隠してしまうことがあるわけです。

別れた原因の把握・推測

というわけで、まず、別れの原因を把握・推測
することが大切ですので、それをやってみましょう。

例えば、

・別れた日の数ヶ月前までの間に、彼女が不満を漏らしていなかったか考えてみる。

・彼女があなたに対して、怒り気味になったり、イライラしていた時のことを思い返してみる。

このようなを考えてみると、
ヒントが出てくるかもしれません。

とりあえず、紙とペンを用意して、色々と書き出してみましょう。

書くことによって、色入とヒントが出てくるものです。

~~~

ちなみに、

・上の方法をやってみたが、別れの原因がいまいち把握・推測できない

・別れた原因について深く掘り下げたい

という方には、有料になってしまいますが、
復縁7stepという復縁の為の教材がおすすめです。

なぜオススメなのかと言うと、
別れの原因を把握するためのワークが、とても良かったからです。

復縁7stepについては、こちらの記事に書いています。
復縁7step 7つのステップでもう一度好きにさせる方法【検証とレビュー】

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ