復縁に使わないともったいないテクニック

復縁と感情のテクニック

復縁するために使わないと、もったいないと
僕が思うテクニックがあります。

それは、何なのか?というと、

『感情を揺さぶる』

ということです。


スポンサーリンク

感情を揺さぶれば、すぐに好感を引き出せる

例えば、こんなシーンを想像してみてください。

あなたが小学生だったとして、
1年間担任をしてくれた先生が、
終業式の日に、こんなことを言ったら、どう感じるでしょうか?

~~~~~~~

「先生は、今学期で、先生を辞めなければならなくなりました。

だから、みなさんと会うのは、これで最後になると思います。

このクラスは、本当にみんな、いい子ばかりでした。

最後に、こんなにいいクラスの担当が出来て、
先生は、本当に幸せです。どうもありがとうね。」

~~~~~~~

と言って、泣きだしたら、どうでしょう?

「そんなに自分たちのことを思っていてくれてたんだ・・・」と、
感情が揺さぶられて、先生に好感を持ちませんか?

理屈で説得して好感を得ようとしても
なかなか難しい部分がありますが、

こんな風に、相手の感情を揺さぶれば、
簡単に好感をいだいてもらうことができます。

(ちなみに、人の心を動かすのに、
感情を揺さぶるのが効果的だということは、
脳科学でも効果が証明されているそうです。)

感情を揺さぶることを復縁に使わないのは、もったいない

これを復縁に使わないのは、
もったいないなーと、僕は思います。

では、『感情を揺さぶる』ということを
復縁に活用するには、どうすればいいのか?

というと、『手紙』を使うのが、
一番やりやすくて、効果の高い方法だと思います。

手紙だったら、読んだ相手を感動させて
感情を揺さぶるのは、朝飯前です。

さらに、手紙は、どのくらいの分量を書いても構わないので、
感情を揺さぶる以外にも、いろんなテクニックを
盛り込むことが出来ます。

彼女が復縁したくなるようなことを書くだけでなく、
彼女の想像力を膨らませて、復縁に魅力を感じさせたり、
行動に駆り立てるようなことも、書けてしまいます。

手紙を渡した翌日に復縁した人も

僕が考えた手紙の書き方で、手紙を書いた方の中には、
彼女さんに手紙を渡して、その翌日に復縁できた方もいらっしゃいます。

手紙を読んだ彼女が感動して、
彼女の方から連絡が来て、復縁したのだそうです。

書き方次第で、それくらい手紙は強力になります。

もし、僕が復縁したいという状況になったとしたら、
手紙は100%使います。

なぜなら、手紙を渡すだけで復縁できてしまう場合もあるわけですし。

もし、手紙だけでは復縁までは行かなかったとしても、
手紙を読んでもらえれば、こちらの印象を大幅に良くすることができるので、
あとあと復縁しやすくなります。

ですから、手紙を使わない手はないと、僕は思っています。

というわけで、『手紙で感情を揺さぶる』のは、
復縁するためにおすすめの方法です。

具体的に、どんな内容の手紙を書けばいいのか、

手紙の書き方を詳しくお知りになりたい場合は、
こちらの記事をどうぞ⇒ 復縁を成功させた強力な手紙の書き方

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

2 Responses to “復縁に使わないともったいないテクニック”

  1. 季起 より:

    こんばんは。私は現在21歳の学生です。記事拝見させて頂きました。私はつい2日前に5年付き合った可能性に好きな男が出来たと、別れを告げられました。胸が張り裂けそうな気持ちでしたが、記事を見てからやはり、彼女を諦めきれないという気持ちでいっぱいになりました。それで復縁の手紙のことも拝見しましたが、
    条件が1ヶ月半以内に手紙を書いたほうがいいと
    書いてあったのですが、その前の記事に3ヶ月は冷凍期間を置いた方がいいと書いてあったのですが、どうしたらいいのですか?ご指導のほどよろしくお願いします。

    • たくや より:

      季起さん、コメントありがとうございます。

      その点につきましては、手紙の書き方のレポートを
      全部読んでいただければ分るようになっていますので、
      まず、読んでみていただければと思います。

      頑張ってくださいね!

コメントを残す

このページの先頭へ