【必見】元カノと復縁したい人がとるべき行動を総まとめ

motokano_fukuensitai

さて、このブログでは復縁について色々と書いていますが、量が多くなってきたので、

今回は、「元カノと復縁したい人がとるべき行動」ということで書きたいと思います。

あなたが、元カノさんと復縁したいということであれば、この記事でおおまかな流れをつかんでいただくと、だいぶやりやすくなると思いますよ。

では早速いってみましょう。


スポンサーリンク

ゴリ押しはしない

ゴリ押しとは、つまり

「復縁してくれ、復縁してくれ」

と元カノの気持ちを無視して、自分の要求を通そうとすることですね。
 

元カノと復縁したい!

という気持ちが強いと、つい強引に復縁を迫ってしまいやすくなると思います。

しかし、彼女があなたと連絡をとるのを嫌がっているような場合は、強引にいくことは避けた方がいいです。
 

一部、押しまくりで復縁OKしてしまう女性もいるにはいるのですが、そういう女性の場合は、別れたことに対する迷いが見て取れるものです。

そういうケースは例外的なものなので、基本的にはゴリ押しは避けるのが無難です。

別れた原因の把握・推測をする

原因があるから結果があります。

つまり、原因があるからこそ「別れ」という結果があるわけです。

まあ、当たり前といえば当たり前の話ですね。
 

ですから、元カノと復縁したいのであれば、なぜ別れることになってしまったのか?

その別れた原因を把握・推測することは、非常に重要です。
 

というのは、別れた原因を解消しないと、「復縁してもいい」と思ってもらうのが難しかったりするからです。
 

1つ例えを出してみましょう(わかりやすくするために、極端な例を出します)。

例えば、

ある女性「私の彼、付き合いはじめてから、段々と太ってきちゃって。

それであるときから、体臭がすごい臭くなっちゃったの。

もう、ニオイに耐えられないから別れちゃった。」
 

このような女性がいたとします。
 

この場合、彼の体臭が別れた原因になってしまっているわけですよね?

彼が、この女性と復縁したいと思ったら、体臭をなんとかしなければならないことが容易にわかりますよね?

逆に、体臭さえなんとかすれば、復縁できてしまいそうにすら思えます。
 

こんな風に、別れた原因を何とかしないと復縁が難しい場合もあれば、原因さえなんとか解決してしまえば、アッサリ復縁できてしまう場合もあるのです。
 

もちろん、状況は人それぞれですから、特に原因を解消したりしなくても、復縁できてしまう人も、いるにはいます。

しかし、あなたが元カノと別れた原因が、解消しなければマズイような内容だったらどうでしょう?

おそらく、原因を解消しなければ、復縁も苦戦すると思われます。
 

だからこそ、原因を把握・推測することが大切です。

別れたばかりの場合は、冷却期間をとる

冷却期間は、こちらから元カノへ連絡をとらないようにする期間のことです。

別れたばかりの場合は冷却期間をとった方がいい場合も多いです。

(ただし、例外もあるので、それについては後述します)
 

冷却期間には、色々なメリットがあります。

■ゴリ押しを避けられる

冷却期間をとることで、無理やり復縁を迫るようなことをしたくなっても、耐えることができるはずです。
 

■冷静になって考えられる

復縁するためには、冷静に考えることも必要です。

冷静に考えることで、自分の良いところ(強み)は何なのか、悪い部分はどこなのか。

そういったことが見えてきます。

また、冷静に考えることによって、別れた原因を落ち着いて考えることもできるはずです。
 

冷却期間には駆け引きの要素もある

冷却期間には駆け引きの要素もあります。

冷却期間の間は、こちらから連絡をとらないので、もし元カノの方が

「やっぱり復縁したいかもしれない。」

と迷い始めたときに、復縁の方向に動かしやすくなるんですよね。
 

なぜかというと、元カノの立場からすると、あなたから連絡もこないし、何をやっているのかもわからない。

そんな時に、

「わたし、カレと寄りを戻したいのかも?」

みたいな気持ちになってしまうと、元カノの方から動かざるを得ないからです。

そんな感じで冷却期間のあいだに、元カノの方が考えなおして、あちらの方から連絡してくる場合もあります。
 

また単純に、人って、誰からから連絡がこなかったりすると、物足りない寂しい気持ちになりますよね。

冷却期間には、そういう物足りなさを、感じさせるという効果もあります。

もちろん、残念ながらそう思ってもらえないケースもありますけど(汗)
 

冷却期間はどれくらいとればいい?

わたし個人としては、半年くらいを基準に考えています。

3ヶ月とかだと、ちょっと短くて、冷却期間後に連絡したときに「久しぶり感」があまりなく、効果が微妙だと思うからです。
 

冷却期間をとらないほうがいい例外とは?

ケンカになって、つい感情的に別れてしまったというような場合。

こういう場合は、冷却期間をとらずに、連絡してみて、可能であれば話し合いした方がいいでしょう。

また、自分の方から別れたのであれば、それも冷却期間をおかずに、とりあえず連絡をとってみるべきです。
 

元カノの方から連絡してきたら、返事をしてもいい?

ただもちろん、元カノの方から先に連絡をしてきた場合は、返事をしてOKです。

あっちの方から連絡をしてくるということは、こちらのことを気にしている証拠。

そこで進展する場合もあります。
 

冷却期間の間は自分磨きをする

冷却期間のあいだは、ただ何もしない期間ではありません。

まず、別れた原因が把握・推測できている場合は、それを解消するために努力しましょう。

また、自分磨きもすべきです。

自分磨きは、

・内面
・ルックス面
・仕事面など

色々と考えられるはずです。
 

より女性から魅力的に見られる、グレードの高い男を目指す

と考えて自分磨きするといいです。
 

復縁できるまでは、自分磨きを続ける

自分磨きは、できれば復縁できるまで続けることがおすすめです。

しかし、いつ復縁できるのかわからないのに、自分磨きを続けるってのも、なかなかシンドイ気がしますよね。

そこでおすすめしたい方法が

・元カノへのアピールになりそうなこと
・自分がやりたいこと

この両方を満たした自分磨きをやる、というのがおすすめです。
 

例えば、

「自分は将来、英語を話せるようになりたい」

と思っているとします。

普通、英語が話せる方が、女性からのカッコイイとか、頼もしいとか思ってもらいやすくなりますから、

それを自分磨きとして続けていけば、アピールにもなって、自分がやりたいことも達成していけて、一石二鳥です。

元カノの方から連絡がない場合に、連絡をとってみる

さて、冷却期間をとっても、全く元カノの方から連絡がないときなどは、こちらから連絡をとってみます。

どのような連絡の取り方があるのかというと、

・お誕生日おめでとうのメッセージ
・明けましておめでとうのメッセージ
・元カノの得意なことについて質問する
・元カノに頼み事をする(元カノへしか頼めなさそうなこと限定)

といったことがあります。
 

もちろん、人それぞれ状況が違うわけですから、あなたがどの方法で連絡をとるのが一番いいのかは、なんとも言えません。

ここに書いていないことでも、もっと最適な方法があるかもしれませんからね。

何が一番いいのか、頭がオーバーヒート寸前くらいまでに考えてみると、いい案がひらめくこともあります。

じっくりと検討してみてください。
 
 

というわけで、「元カノと復縁したい人がとるべき行動を総まとめ」として書きました。

今回はまとめとして書いたので、概要だけさらっと書いている部分もあります。

さらに深く知りたいことについては、過去記事を読んでいただければと思います。

よく読まれている記事や関連記事は、下の方↓に出ているはずですので。

ではでは

<追記>

まとめとしてサクッと読んでもらおうと書いたのに、やはり長くなってしまいました^^;

書くのに疲れたので、息抜きにこれからラーメンでも食べに行ってきます。

復縁するために頑張るにしても、精神的なストレスってすごくありますよね。

あなたも、ストレス溜め込みすぎないようにしてくださいね。

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ