【ご質問】 復縁するときは、振られた方からではなく、振った方からよりを戻そうと切り出すのが普通ですよね?

【ご質問】

復縁するときは、振られた方からではなく、振った方からよりを戻そうと切り出すのが普通ですよね?

———————

【お答え】

振られた方は「ノー」を突きつけられた側ですから、
一般的には、そのように考えられがちだと思います。

振られた方から「よりを戻そう」と切り出すのは、

就職面接に例えるなら、
不採用になったのに「あなたの会社に入ってあげましょうか?」
と言っているようなものですから。

しかし、一旦振られた後でも、再び仲良くなったならば
その時に「やり直さないか?」と言ったりするのはアリですよね。

だから、振られた方からよりを戻すことを迫っても、うまく行くケースもあるのです。

それと、振った方が、

「やっぱり別れなければ良かった。けど、自分から振ったんだし
今更、こっちからやり直そうとは言い出しづらい…」

と考えていることもあるので、そういう場合も、
振られた方からよりを戻すことを迫ってもうまく行くでしょう。

他にも、相手に「やっぱりあなたじゃなきゃダメみたい」と思わせることができれば
相手の方からよりを戻したいと連絡してくる可能性が高くなります。

このように、考えると、振られたからといっても、
復縁できるチャンスは充分にあると思えてきませんか?

~~~~~~~
わたしがどうやって復縁できるようになったのか
こちらでお伝えしています。読んでみてくださいませ。

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ