彼女とケンカ別れした場合の、よりを戻す方法 その1

a0002_006977

今回は、ケンカ別れの場合に、
よりを戻す方法について考察したいと思います。

ケンカ別れの場合でも、

「彼女がどういう心理で別れを選んだのか?」

によって、対処法も変わってくるはずです。

一言に「ケンカ別れ」と言っても、
ケンカそのものが、別れの原因になってしまった場合もあれば、

あるいは、彼女的には、前々から別れようかどうか考えていて、
そんな時に、ちょうどケンカが起きた。
そこで、「ちょうどいいから、このまま別れちゃえ」
ということで、別れることになってしまった、というのもあるでしょう。


スポンサーリンク

彼女は、どういう気持ちでいるのか?

上に書きました通り、

ケンカそのものが別れの原因の場合もあれば、

ケンカはキッカケに過ぎない場合もある

ということです。

では一体、彼女はどういう気持ちで、
あなたとの別れを選んだのでしょうか?

1:別れるつもりはなかったのだけど、つい感情的になってしまい別れてしまった

2:別れたいと思い始めていて、ケンカがちょうどよいキッカケだったので、別れた

この1と2の、どちらに当てはまると思いますか?

どちらなのかによって、復縁の難しさも変わってきますし、
対処の仕方も変えるべきだと思います。

ですのでまずは、あなたの場合、このどちらなのかを、
推測するところから始める必要があります。

自分に正直に判断しましょう

推測方法は、この後提案しますが、
まず一つ注意していただきたい点があります。

それは、1と2のどちらに当てはまるのか、
自分に正直に判断していただきたい、ということです。

なぜ、わざわざそんな注意事項を言うのか?というと、

1の「別れるつもりはなかったのだけど、
つい感情的になってしまい別れてしまった」
の方が、復縁する難易度は低いように見えるでしょうし、

一方で、1よりも、2の方であった場合の方が
ショックが大きいと思うからです。

なので、

「きっと、自分の場合は、1の方だろう・・・(アセアセ)」
と、自分の都合の良い方に考えてしまいがちだと思います。

しかし、1と2のどちらに当てはまるのかによって
その後の展開のさせ方にも、かなり違いが出てきますから、

自分で自分をだますようなことはナシで、
正直に判断されることをオススメいたします。

推測方法は、次の記事に書きます。

続きはコチラ⇒彼女とケンカ別れした場合の、よりを戻す方法 その2

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ