彼女とケンカ別れした場合の、よりを戻す方法 その4

kenkawakare_004

前回の続きです。

1:別れるつもりはなかったのだけど、つい感情的になってしまい別れてしまった

2:別れたいと思い始めていて、ケンカがちょうどよいキッカケだったので、別れた

のうち、彼女側の心理が、2の方であると推測できる場合の
復縁方法について書きたいと思います。

(推測方法については、前々回の記事をご参照ください。)


スポンサーリンク

別れの原因が、ケンカ以外にある

2の方の場合、

「別れたいと思い始めていた。そして、ケンカが起きて、ちょうどよいキッカケだったので、別れた」

というわけなので、ケンカが起こる前から、
何かしら別れたいという理由が発生していたことになります。

つまり、別れの原因が、ケンカ以外にあるということですね。

ケンカ自体は、本当の別れの原因なのではなく、
あくまで、ケンカは別れを切り出すきっかけに過ぎなかったというわけです。

ですから、本当の別れの原因がなんだったのか?

それを見極めることが、かなり重要な課題になります。

何かしら、思い当たることがあるのでしたら、
そのことが関係しているかもしれませんが、
本当の別れの原因が、1つだけでない場合もあります。

ですので、整理して考えたことがなければ、
一度、じっくりと考えてみることが必要でしょう。

本当の別れの原因が、よくわからないとか、
思い当たるものがないという場合は、
整理して考えることをおすすめします。

別れの原因については、こちらの記事を参考にどうぞ。
別れの原因を把握し、それを解消する

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ