彼女とケンカ別れした場合の、よりを戻す方法 その2

kenka_wakare02

前回の続きです。

前回書きました通り、ケンカ別れと一言に言っても、

1:別れるつもりはなかったのだけど、つい感情的になってしまい別れてしまった

2:別れたいと思い始めていて、ケンカがちょうどよいキッカケだったので、別れた

という、2つのパターンが考えられると。

それで、自分の場合は、この1と2の、どちらなのか。
それをまず、判断してみることが必要でしょう。


スポンサーリンク

判断のヒントになるもの1:違和感

では、どうやって判断したらいいのか?

それを判断するのに、まずヒントとなるのは、

・あなたの違和感

です。

別れた日の、数ヶ月前までの間に、彼女に対して

「何かおかしいんだよな」

といった、違和感を感じた出来事はありませんでしたか?

例えば、いつもだったら、カラオケに誘うと、
必ずノリノリで「行く」という返事が来ていたのに、

「気分がのらないから、カラオケはやめておく~」

とか言われて断られて、その時、違和感を感じたとか。

そういった、いつもと違う違和感を感じたとしたら、
彼女は、前々から別れるかどうか、考えていて、

その結果、いつもと違う反応を示した可能性があります。

ただし、直感で違和感を感じた出来事があっても、
「絶対に、前々から別れようかどうか、考えていたんだろう!」
とか、彼女に直に直撃しちゃいけませんよ。

あくまで、推測ですから。さぐりを入れつつやらなければいけません。

判断のヒントになるもの2:彼女のイライラ

また、もう1つヒントになるのは、別れた日の数ヶ月前までの間で、

・ささいなことでケンカしなかったかどうか?

・彼女がイライラしている感じがなかったか?

といったことです。

ささいなことでケンカとは、
「普通、こんなことでケンカにならないんだけどなぁ」
というような内容のものです。

なぜ、ささいな事でケンカが起きてしまったのかというと、

彼女が、あなたに対して、イライラする部分があり、
ケンカが起きやすい心情になっていたことが考えられるわけです
(あくまで、可能性の話ですが)。

相手もイライラしているから、ちょっとしたことで、
ケンカになってしまいやすかった可能性がある。

あなたのことで、嫌な面が出てきた
 ↓↓↓
別れようか考え始める
 ↓↓↓
嫌な面が目についてきて、イライラしてくる
 ↓↓↓
イライラしているので、ケンカが発生しやすい
 ↓↓↓
ケンカ発生
 ↓↓↓
ちょうどいいや!このまま、別れてしまえ!

みたいな感じですね。

というわけで、

1:別れるつもりはなかったのだけど、つい感情的になってしまい別れてしまった

2:別れたいと思い始めていて、ケンカがちょうどよいキッカケだったので、別れた

このどちらに当てはまっているのかは、

別れた日から数ヶ月前までの間で、

・彼女の反応で、違和感を感じることがなかったか?

・ささいなことでケンカになったり、彼女がイライラしていることが多くなかったか?

こういったことを考えてみましょう。

これらが当てはまるなら、彼女側は、事前に
別れることを検討していた可能性があるので、

2:別れたいと思い始めていて、ケンカがちょうどよいキッカケだったので、別れた

に当てはまる可能性があります。

次のステップについては、また次の記事に。

続きはコチラ⇒彼女とケンカ別れした場合の、よりを戻す方法 その3

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ