復縁に潜在意識を活用する その4

復縁に潜在意識を活用する

この記事は続き記事です。最初からお読みいただくには、
復縁に潜在意識を活用する その1からご覧ください。

前回に引き続き、復縁に潜在意識を
活用することについてですが、

僕が言いたいメインは、ここからです。

願望が達成されるところを
イメージするというやり方だと、

うまくいっているのかどうか良く分からない
というデメリットがあると思うのですが、

今回お話する方法は、
潜在意識の働きを感じやすいと思います。

それで、僕が一番にオススメしたいのは、
「行動するために、潜在意識を活用する」
ということです。

行動するときに、潜在意識を
どのように活用するのかと言うと、

潜在意識からひらめきを得る

という活用の仕方です。


スポンサーリンク

潜在意識から”ひらめき”を得る

あなたも、悩みごとがあった時に、

「突然アイデアがひらめいて、解決することができた。」

なんて経験はありませんか?

これは、潜在意識の働きです。

アイデア、解決策、直感、ひらめき・・・

呼び方はなんでも構いませんが、ともかく

そういった潜在意識からのひらめきを得やすくしておけば、
壁に突き当たった時に、問題解決がしやすくなります。

目標が大まか過ぎると、解決策は出づらい

ここで質問ですが、

「どうすれば復縁できるんだろう?」

と考えて、何か良いアイデアが出てくるでしょうか?
あるいは、復縁までのルートが具体に見えてくるでしょうか?

たぶんこれだと、なかなか良いアイデアは、
出づらいのではないかと思います。

僕自身、過去に「どうすれば復縁できるんだろう?」
と考えて、大したアイデアが得られなかった経験があります。

なぜ良いアイデアが出づらいのかと言うと、
「どうすれば復縁できるのか?」
と考えるだけでは、大まか過ぎるからです。

目標が大まか過ぎると、
そこに至るまでのに、いろいろな可能性が考えられるので、
なかなか良いひらめきが得にくいのです。

では、どうすれば、
潜在意識からのひらめきを
得やすくなるのでしょうか?

重要な点は、

目標が明確で単純であるほど、
ひらめきが得やすくなる

ということです。

目標到達までのルートが、
「複雑」なのと「単純」なので、どちらがひらめきが得やすいか?

目標達成のためにやるべきことが、
「曖昧」なのと、「明確」なのと、
どちらがひらめきが得やすいか?

答えは、言うまでもないことです。

ですから、潜在意識からの
ひらめきを得やすくするには、

目標をなるべく明確で単純にするために、
「目標を小分けにする」という作業をするといいです。

計画を小分けにしていく

具体的には、

・目標を明確にする
 ↓↓↓
・計画を立てる
 ↓↓↓
・それを小分けにする
 ↓↓↓
・一日の作業に落とし込む

ということをすると、ひらめきが得やすくなります。

ちょっと例をあげてみますと・・・

「復縁するには、何をしなければならないんだろう?」
 ↓
「別れた原因が何だったのか、考えてみよう」
 ↓
「付き合っている時、彼女は何か不満を言ってたっけ?」
 ↓
「そういえば、束縛しないでって、言われたことがあったな」
 ↓
「なんでオレは、束縛してしまうんだろう?」
 ↓
「自信がないから?相手を思い通りにしたいから?う~ん、良くわからないな」
 ↓
「心理学の本でも読んで、調べてみるか」
 ↓
「明日、図書館に行ってみよう」

というわけで、この例では、

原因について考える
 ↓
彼女が不満を行っていたことを思い出す
 ↓
自分が束縛する原因を知る
 ↓
図書館で調べる
 ↓
原因が分かったら、それを改善する

という風に、1つ、やるべきことが決まりましたね。

こんな風に、問題を小分けにして考えると、

・小分けにしていく過程で、良いアイデアがひらめいたり

あるいは、

・やるべきことが具体的に分かった後で、良いアイデアがひらめいたり

ってことが起こりやすくなるので、
ぜひ試してみてください。

それで、上にあげた例は、1つの例であって、
どんなふうに小分けにしなければならないとか、
特に決まりがあるわけではありません。

人それぞれ、やりやすい方法があると思うので、
とりあえず、思うがままにやってみるといいのではないでしょうか?

ただ、やり方に決まりがあるわけではありませんが、
必ず、紙には書いてください

その方が、絶対に考えが整理しやすいです。

ちなみに、計画の変更はアリ

問題を小分けにして、やることを明確にしていく。

そんな風にして計画を立てていく。

そして計画を、行動に移していくと、
もっといいアイデアが出てきたり、
あるいは、状況が変化することもあるでしょう。

そういった時は、計画を変更するのもアリです。

ただ、やるのが面倒だからとか、単なる「逃げ」の方向に
計画を変更していくのは良くありませんが。

「計画」と「行動」は、セットで

「計画」を立てることは大切です。

しかし「計画」だけがあっても、
行動しなければ意味がありません。

また、例え行動はしていても、計画もなく
ただ闇雲に行動するのでは、効率がよくないでしょう。

やはり「計画」と「行動」はセットでなければなりません。

ちなみに、ここで言っている「行動」とは、
復縁の成功確率を上げるために行うことすべての事

指して「行動」と呼んでいます。

単に、彼女に復縁のためのアプローチをしかけるとか、
第三者に協力を求めるといったことだけでなく、

自分に磨きをかけるといったことも「行動」に含まれます。

計画が思いつかない場合や、何をしたらいいか分からない場合はどうするか?

このページでは、主に、計画と行動の重要性について述べています。

しかし、

「計画を立てろと言われても、そもそも計画が思いつかない」

「行動しろと言われても、何からやっていいのか分からない」

という方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は、例えば、

・別れの原因は何だったのか?

・別れの原因になったものを解消するすべはあるか?

・どのような自分磨きをしていくか

など、こういったことを紙に書き出していってはいかがでしょうか。

書き出すことによって、1つ書き出したものから派生して、
新しいヒラメキが出てきて広がっていくことがあります。

また、どうしてもよい計画が思いつかないとか、
何からやったらいいか分からないという場合は、
「復縁7ステップ」などを取り入れてみるのもいいかもしれません。

復縁7ステップに関しては、下記の記事に詳細を書いてあります。
復縁7step 7つのステップでもう一度好きにさせる方法【検証とレビュー】

復縁に潜在意識を活用する:まとめ

潜在意識の活用の記事のまとめを書いておきます。

■冷静に、自分が復縁できる可能性に目を向ける

■イメージを活用して復縁するには・・・

・意識がウトウトするくらいリラックスする
 ↓↓↓
・復縁できた時のことをリアルにイメージする
 ↓↓↓
・そして、その時の感情も味わう
 ↓↓↓
・これを一日数回、1回あたり5分~30分行う

■直感に従って行動すると、願いが叶う可能性がある

■潜在意識のひらめきを活用して、問題解決するには・・・

・目標を明確にする
 ↓↓↓
・計画を立てる
 ↓↓↓
・それを小分けにする
 ↓↓↓
・一日の作業に落とし込む

以上まとめでした。

ところで、

この記事は、「復縁に潜在意識を活用する その4」で、
その1から続けて書いている記事です。

トータルで読むと結構長かったと思うのですが、

もしあなたが、その1から順番に読んできて
この記事を読んでいるとしたら、

あなたは結構な忍耐力の持ち主ではないかと思います。

(読み始めたのが、いきなりこの記事だったという方もいるでしょうから、
そういう方が忍耐力がないとか、そういう意味ではありませんよ、念のため)

復縁を成功させるのにだって、
忍耐力は重要な要素の1つであることは、間違いないでしょう。

ですから、復縁に成功するのに重要な資質を
持ってらっしゃると思うので、
ぜひ復縁に成功していただきたいと思います。

「復縁について詳しい有名占い師」に相談できるサービス








  • LINEで送る

2 Responses to “復縁に潜在意識を活用する その4”

  1. Makilatino より:

    潜在意識の活用法を詳しく伝授して頂き、ありがとうございます。
    とても参考になりました。
    私の場合は復縁というよりも仕事とかの事情があって今離れて暮らしている彼とどうしても再会したいという願望があります。
    最近、連絡が取れなくなってしまいまして彼がアフリカ人なので国に帰る前にどうしても会いたいと願っています。
    彼と私の間にケンカとかトラブルはなかったのですが、最近こちらから連絡をしても連絡がつかないのです。もしかしたら新しい彼女が出来たからとかネガティブな考えをしてしまう時があります。
    なので、潜在意識を活用して願望を実現させたいと思っていましたところ、こちらに辿り着きました。
    とても分かりやすくてこれならば私にも出来そうです。
    色々参考になりましたが、他にも復縁以外で潜在意識を活用していく上での重要なポイントや参考になる例等ありましら、また載せて頂きたいです。

    • たくや より:

      Makilatinoさん

      相手の方は、アフリカの方ですか。本当にいろいろな状況の方がいらっしゃるのだなぁと感じます。

      はい、またそのうち、潜在意識のことは追記させていただこうかと思います。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ